心理学用語

マーフィーの法則とは、物事がうまくいかない時の経験則をまとめたものです。その内容は「失敗する余地があるなら、失敗する」というものであり、日常生活のあらゆる場面で起こり得ます。たとえば、

* 傘を持っていないときに限って雨が降る。

* 急いでいるときに限って電車が遅れる。

* テスト前日になって勉強を始めると、必ず寝坊する。

* 大事な日には、必ず失敗する。

など、挙げればキリがありません。マーフィーの法則は、ネガティブなイメージが強いですが、実はポジティブな意味も込められています。それは、「失敗は成功のもと」という言葉です。失敗から学ぶことで、成長することができるのです。

マーフィーの法則を恐れるのではなく、前向きに捉えて、失敗を成長の糧にしましょう。

マーフィーの法則は、1949年にアメリカの航空工学者であるエドワード・アロイシャス・マーフィー・ジュニアによって提唱されました。マーフィーは、航空機の開発に携わっていた際に、様々な失敗を経験しました。その経験から、「失敗する余地があるなら、失敗する」という法則を導き出したのです。

マーフィーの法則は、科学的な根拠があるわけではありません。しかし、日常生活のあらゆる場面で起こり得る現象であり、多くの人が経験しているものです。マーフィーの法則を恐れるのではなく、前向きに捉えて、失敗を成長の糧にしましょう。

参考URL:


Copyright(C) 2012 心理学用語辞典 - 心の言葉を知るブログ All Rights Reserved.