心理学用語

判官びいき効果とは、弱者や不利な立場にある者に同情し、応援する心理現象です。この効果は、日本では古くから見られるもので、源義経の悲劇的な人生を描いた『義経千本桜』や『勧進帳』などの演劇や物語によく見られます。

判官びいき効果は、いくつかの要因によって引き起こされます。ひとつは、人々が弱者や不利な立場にある者を身近に感じやすいという点です。弱者や不利な立場にある者は、自分自身や自分の家族、友人、知人など、身近な存在である可能性があります。そのため、人々は彼らの苦しみに共感し、応援したいという気持ちが生まれます。

もうひとつの要因は、人々が弱者や不利な立場にある者を正義の味方と見なすという点です。弱者や不利な立場にある者は、圧倒的な力を持つ相手と戦っていることが多いです。そのため、人々は彼らを正義の味方として応援し、彼らの勝利を願います。

判官びいき効果は、スポーツや政治などの様々な場面で見られることができます。スポーツでは、弱小チームが強豪チームに勝利したときに、人々は判官びいき効果によって、弱小チームを応援します。政治では、選挙で勝つ見込みが低い候補者が、判官びいき効果によって、多くの票を集めることがあります。

判官びいき効果は、人々の心理を動かす強力な力です。この効果を理解することで、人々の行動をよりよく理解することができます。

参考URL:


Copyright(C) 2012 心理学用語辞典 - 心の言葉を知るブログ All Rights Reserved.