心理学用語

リーナスの法則とは、オープンソースソフトウェアの開発者であるリーナス・トーバルズが提唱した法則です。この法則は、オープンソースソフトウェアは、多くのユーザーによって開発やテストが行われるため、バグが少ない傾向にあるというものです。リーナス・トーバルズは、この法則について、次のように述べています。

> 十分な目があれば、どんなバグも浅い。

>

> つまり、多くのユーザーがソフトウェアを見れば、バグはすぐに見つかり、すぐに修正される。

リーナスの法則は、オープンソースソフトウェアの品質を高める上で重要な役割を果たしています。オープンソースソフトウェアは、誰でも自由にソースコードを閲覧・改変することができます。そのため、バグを見つけて修正するユーザーが常に存在します。この結果、オープンソースソフトウェアは、バグが少ない傾向にあります。

リーナスの法則は、オープンソースソフトウェアの開発者だけでなく、ユーザーにとってもメリットがあります。ユーザーは、バグが少ないオープンソースソフトウェアを使用することで、安心してソフトウェアを使用することができます。また、ユーザー自身も、バグを見つけて修正することで、オープンソースソフトウェアの品質向上に貢献することができます。

リーナスの法則は、オープンソースソフトウェアの開発と利用を促進する重要な法則です。この法則によって、オープンソースソフトウェアは、より広く普及し、より多くのユーザーに利用されるようになるでしょう。

参考URL:


Copyright(C) 2012 心理学用語辞典 - 心の言葉を知るブログ All Rights Reserved.