心理学用語

ダブルバインドとは、ある人が、メッセージとメタメッセージが矛盾するコミュニケーション状況におかれること。この用語はグレゴリー・ベイトソンによる造語である。

ダブルバインドは、主に家庭内や学校などの閉鎖的な環境で行われることが多く、その影響は深刻である。ダブルバインドにさらされた子どもは、自己肯定感の低下や、対人関係の困難、精神疾患などの問題を抱える可能性がある。

ダブルバインドには、以下のような特徴がある。

* 矛盾したメッセージが同時に送られる。

* 子どもは、その矛盾を指摘することができない。

* 子どもは、その状況から逃げることができない。

例えば、母親が子どもに「あなたはダメな子だ」と言った直後に、「あなたは私の宝物です」と言ったとすると、これはダブルバインドである。子どもは、母親の矛盾したメッセージに混乱し、自己肯定感を失う可能性がある。

ダブルバインドは、子どもの成長に悪影響を及ぼす可能性があるため、注意が必要である。もし、あなたがダブルバインドにさらされていると感じる場合は、信頼できる人に相談するようにしてください。

ダブルバインドを防ぐためには、以下のようなことが大切である。

* 子どもに愛情を注ぎ、肯定的なメッセージを送る。

* 子どもの意見を尊重し、子どもの立場に立って考える。

* 子どもが自分の感情を表現できるように、サポートする。

ダブルバインドは、子どもの成長に悪影響を及ぼす可能性があるため、注意が必要です。もし、あなたがダブルバインドにさらされていると感じる場合は、信頼できる人に相談するようにしてください。

参考URL:


Copyright(C) 2012 心理学用語辞典 - 心の言葉を知るブログ All Rights Reserved.