心理学用語

波及三原則とは、1943年にアメリカ軍が定めた、戦争における損害を最小限に抑えるための原則です。三原則は、次のとおりです。

* 直接攻撃を優先する。

* 非戦闘員を保護する。

* 必要な軍事力のみを使用する。

これらの原則は、戦争の悲惨さを理解し、不必要に多くの人命を失うことを避けることを目的としています。

直接攻撃とは、敵軍の兵力や装備を直接攻撃することを指します。間接攻撃とは、敵軍の兵力や装備を間接的に攻撃することを指します。間接攻撃には、敵軍の補給線を攻撃したり、敵軍の兵士の士気を低下させるための宣伝活動を行うことが含まれます。

非戦闘員とは、敵軍の兵士ではない人々です。非戦闘員には、一般市民、捕虜、医療従事者、宗教関係者などが含まれます。非戦闘員を保護することは、国際法で義務付けられています。

必要な軍事力のみを使用するとは、戦争の目的を達成するために必要なだけの軍事力を使用することを指します。過剰な軍事力を使用すると、戦争の犠牲者が増えるだけでなく、戦争が長引く可能性があります。

波及三原則は、戦争の悲惨さを理解し、不必要に多くの人命を失うことを避けることを目的としています。これらの原則は、国際法で義務付けられています。

参考URL:


Copyright(C) 2012 心理学用語辞典 - 心の言葉を知るブログ All Rights Reserved.