心理学用語

レス・イズ・モアとは、「少ないことはより豊かである」という意味です。これは、19世紀のドイツの建築家、ルートヴィヒ・ミース・ファン・デル・ローエが提唱した考え方です。ミースは、簡潔なデザインこそが、最も美しく、機能的であると考えていました。

レス・イズ・モアの法則は、建築だけでなく、デザインやアート、ライフスタイルなど、さまざまな分野で応用されています。たとえば、ミニマルなインテリアは、余計な装飾を排除することで、空間を広く開放的に見せることができます。また、ミニマルな服装は、シンプルなデザインで、着る人の個性を際立たせることができます。

レス・イズ・モアの法則は、私たちの生活をよりシンプルで、より豊かにしてくれる考え方です。物や情報に溢れている現代社会で、レス・イズ・モアの法則を参考に、本当に大切なものを見極め、余計なものを捨てていくことで、心のゆとりや余裕を生まれさせることができます。

レス・イズ・モアの法則を具体的に実践するためには、以下のポイントを参考にしてみてください。

* 本当に必要なものだけを残す。

* 不要なものは捨てる。

* 簡潔なデザインを心がける。

* 余白を大切にする。

* 色を使いすぎない。

* 素材を吟味する。

* 質を重視する。

レス・イズ・モアの法則を意識することで、よりシンプルで、より豊かな生活を送ることができるようになります。

参考URL:


Copyright(C) 2012 心理学用語辞典 - 心の言葉を知るブログ All Rights Reserved.