心理学用語

両面提示とは、相手に提案する際に、メリットとデメリットの両方を同時に伝える手法です。これは、相手に選択の余地を与えることで、より納得感を促すという心理効果を利用したものです。

両面提示の効果は、1966年にアメリカの心理学者、ロバート・チャドウィックによって発見されました。チャドウィックは、被験者に対して、2つの商品の価格を片面提示と両面提示で伝えたところ、両面提示された商品の方が、片面提示された商品よりも好感度が高かったという結果を得ました。

両面提示が効果的である理由は、以下の通りです。

* 選択の余地を与えることで、相手に主体性を感じさせる。

* デメリットを伝えることで、相手に真剣に提案を検討してもらいやすくなる。

* 提案する側の誠実さをアピールできる。

両面提示は、営業やマーケティングなどの場面でよく用いられています。例えば、商品を販売する際には、商品のメリットだけでなく、デメリットも伝えることで、より信頼感を獲得することができます。また、サービスの利用を促す際には、サービスのメリットだけでなく、デメリットも伝えることで、より納得感を促すことができます。

両面提示は、効果的な説得手法ですが、使い方を間違えると逆効果になることもあります。以下に、両面提示を効果的に使うための注意点です。

* デメリットを過度に伝えない。

* デメリットをメリットと関連付けて伝える。

* デメリットを軽く捉えられるような表現を使う。

両面提示は、相手に選択の余地を与えることで、より納得感を促すという心理効果を利用した説得手法です。効果的に使うことで、相手をより納得させることができます。

参考URL:


Copyright(C) 2012 心理学用語辞典 - 心の言葉を知るブログ All Rights Reserved.