心理学用語

時間節約バイアスとは、人は時間の節約を過大評価する傾向があることです。例えば、10分早く家を出れば、1時間早く目的地に着くことができると考える人がいます。しかし、実際には、10分早く家を出ても、1時間早く目的地に着くことができるとは限りません。なぜなら、交通状況や天候によって、到着時間は大きく変わるからです。

時間節約バイアスは、意思決定において大きな影響を与える可能性があります。例えば、時間節約のために、高速道路で運転する人がいます。しかし、高速道路は、事故のリスクが高く、渋滞に巻き込まれる可能性もあります。そのため、高速道路で運転するよりも、一般道で運転する方が、安全で時間がかからない場合があります。

時間節約バイアスを避けるために、以下のような点に注意することが大切です。

* 時間の節約を過大評価しないようにする。

* 交通状況や天候を考慮して、到着時間を見積もる。

* 安全を第一に考えて、運転する。

時間節約バイアスは、人間の認知バイアスの一種です。意思決定において、時間節約バイアスを避けることは、安全で効率的な行動につながります。

参考URL:


Copyright(C) 2012 心理学用語辞典 - 心の言葉を知るブログ All Rights Reserved.