心理学用語

3対33の法則とは、商品やサービスに満足した人は3人に、不満に感じた人は33人に話すという法則です。つまり、悪い口コミは良い口コミの10倍広まるということです。

この法則は、1993年にアメリカのマーケティング研究者であるケビン・ケラーによって提唱されました。ケラーは、商品やサービスに対する顧客の口コミは、企業のマーケティング活動よりもはるかに大きな影響力を持つ可能性があると指摘しました。

口コミは、企業のブランドイメージや売上を大きく左右する可能性があります。良い口コミは、新規顧客の獲得や既存顧客の満足度向上につながります。一方で、悪い口コミは、新規顧客の離反や既存顧客の信頼低下につながります。

企業は、3対33の法則を理解した上で、顧客の口コミを積極的に収集し、改善していく必要があります。顧客の口コミを収集するためには、アンケートやSNSを活用することができます。また、顧客の口コミを改善するためには、迅速かつ丁寧に対応することが重要です。

3対33の法則は、企業にとって非常に重要な法則です。この法則を理解し、顧客の口コミを積極的に収集・改善することで、企業のブランドイメージや売上を向上させることができます。

以下に、3対33の法則を活用したマーケティング活動の例をいくつかご紹介します。

* アンケートやSNSで顧客の口コミを収集し、商品やサービスの改善に役立てる。

* 良い口コミを掲載した顧客に割引券やプレゼントを贈る。

* 悪い口コミを投稿した顧客に個別に連絡を取り、対応する。

* 顧客の口コミを活用した広告を作成・配信する。

3対33の法則を活用することで、企業は顧客との信頼関係を構築し、より多くの顧客を獲得することができます。

参考URL:


Copyright(C) 2012 心理学用語辞典 - 心の言葉を知るブログ All Rights Reserved.