心理学用語

サンプルサイズに対する鈍感さとは、サンプルサイズが小さくても、サンプルが代表的であれば、全体の傾向を正しく把握できるという心理的傾向です。この傾向は、人間が直感的にサンプルサイズを評価することが難しいため生じます。

例えば、1000人から抽出したサンプルと、100人から抽出したサンプルのどちらが全体を代表しているかを比べると、多くの人は1000人から抽出したサンプルの方が代表的であると答えます。しかし、統計学的に見ると、サンプルサイズが100以上であれば、全体を代表するサンプルを抽出できる確率は非常に高くなります。そのため、100人から抽出したサンプルでも、全体の傾向を正しく把握できる可能性は十分にあります。

サンプルサイズに対する鈍感さは、マーケティングや広報において、注意すべき点です。例えば、ある商品を100人に試してもらい、そのうち90人が商品を気に入ったと答えたとします。この結果を、商品が全体的に人気があるという証拠として広報してしまうと、誤解を招く可能性があります。なぜなら、サンプルサイズが100人では、全体を代表しているとは限らないからです。

サンプルサイズに対する鈍感さは、統計学的な知識を理解することで、克服することができます。統計学的な知識があれば、サンプルサイズが小さくても、全体の傾向を正しく把握できるかどうかを判断することができます。

サンプルサイズに対する鈍感さは、人間が直感的にサンプルサイズを評価することが難しいため生じる心理的傾向です。統計学的な知識を理解することで、この傾向を克服し、正確なデータ分析を行うことができます。

参考URL:


Copyright(C) 2012 心理学用語辞典 - 心の言葉を知るブログ All Rights Reserved.