心理学用語

ムーアの法則(Moore's law)は、半導体集積回路の集積密度が約18〜24カ月ごとに2倍になるという経験則です。1965年に、インテル社の共同創業者であるゴードン・ムーアが提唱しました。

ムーア法則は、半導体技術の進歩によって、半導体チップに搭載できるトランジスタの数が増加し、半導体チップの性能が向上し続けることを示しています。このため、ムーア法則は半導体業界の成長を支える原動力となっています。

ムーア法則が成り立つ理由は、半導体製造技術の進歩にあります。半導体製造技術は、1960年代以降、急速に進歩してきました。この進歩により、半導体チップの微細化が進み、半導体チップに搭載できるトランジスタの数が増加してきました。

ムーア法則は、半導体技術の進歩によって、半導体チップの性能が向上し続けることを示しています。このため、ムーア法則は半導体業界の成長を支える原動力となっています。半導体チップは、パソコン、スマートフォン、タブレット、テレビ、自動車など、私たちの生活のあらゆる分野で使われており、ムーア法則によって、これらの製品の性能が向上し続けています。

しかし、ムーア法則は永久に続くわけではありません。半導体製造技術の進歩には限界があり、ムーア法則が成り立たなくなる日が来るでしょう。しかし、ムーア法則は半導体技術の進歩を示す指標であり、半導体技術の進歩は私たちの生活を大きく変えてきました。

参考URL:


Copyright(C) 2012 心理学用語辞典 - 心の言葉を知るブログ All Rights Reserved.