心理学用語

噴水効果とは、デパートなどの複数階の店舗で、地下の施設を充実させることで店舗全体の売り上げ増加につなげる販売方法です。地下の施設を充実させることで、顧客を地下に呼び込み、上階へと誘導します。上階に誘導された顧客は、ついで買いや衝動買いをする可能性が高くなるため、店舗全体の売り上げ増加につながります。

噴水効果は、デパートだけでなく、ショッピングモールやスーパーマーケットなどでも活用されています。ショッピングモールでは、地下にフードコートやゲームセンターなどを設置することで、顧客を地下に呼び込み、上階へと誘導しています。スーパーマーケットでは、地下に生鮮食品や惣菜を置くことで、顧客を地下に呼び込み、上階へと誘導しています。

噴水効果を活用することで、店舗全体の売り上げ増加につながる可能性があります。しかし、噴水効果を効果的に活用するためには、いくつかの注意点があります。まず、地下の施設を充実させるためには、顧客のニーズを把握することが重要です。顧客のニーズを把握せずに、地下の施設を充実させたとしても、顧客は地下に来店してくれません。

また、噴水効果を効果的に活用するためには、上階の売り場も充実させなければなりません。上階の売り場が充実していなければ、顧客は上階に上がってくれません。噴水効果を効果的に活用するためには、地下の施設と上階の売り場を連携させることが重要です。

噴水効果は、店舗全体の売り上げ増加につながる有効な販売方法です。しかし、噴水効果を効果的に活用するためには、顧客のニーズを把握し、上階の売り場も充実させることが重要です。

参考URL:


Copyright(C) 2012 心理学用語辞典 - 心の言葉を知るブログ All Rights Reserved.