心理学用語

マズローの欲求段階説とは、アメリカの心理学者アブラハム・マズローが提唱した、人間の欲求を5段階に分類した理論です。

* 生理的欲求(physiological needs)

* 食欲、水欲、睡眠欲、排泄欲、性欲など、人間が生きていくために最低限必要な欲求

* 安全の欲求(safety needs)

* 安全、安心、安定、健康など、身体的・精神的な危険から身を守りたいという欲求

* 愛と所属の欲求(love and belonging needs)

* 愛情、友情、家族、仲間、社会への所属感など、他者とつながりたいという欲求

* 尊重の欲求(esteem needs)

* 自尊心、自己肯定感、名声、地位、権力など、自分自身を高く評価し、他人から尊敬されたいという欲求

* 自己実現の欲求(self-actualization needs)

* 自分の可能性を最大限に発揮し、自分らしく生きたいという欲求

マズローの欲求段階説によると、人間の欲求は、生理的欲求から自己実現の欲求へと順番に高くなっていくという考え方です。つまり、生理的欲求が満たされていないと、安全の欲求を求めるようになり、安全の欲求が満たされると、愛と所属の欲求を求めるようになり、といったように、上位の欲求に移行していくのです。

この理論は、人間の行動を理解する上で非常に有用です。例えば、生理的欲求が満たされていない人は、安全の欲求を満たすことに必死になります。そのため、仕事や勉強よりも、食事や睡眠を優先したり、安全な場所に住もうとしたりするという行動をとります。また、安全の欲求が満たされている人は、愛と所属の欲求を満たすことに必死になります。そのため、友人や家族と過ごしたり、趣味やスポーツに打ち込んだりするという行動をとります。

このように、マズローの欲求段階説は、人間の行動を理解する上で非常に重要な理論です。この理論を理解することで、より効果的なコミュニケーションや教育、マーケティングを行うことができるでしょう。

なお、マズローの欲求段階説は、あくまでも理論のひとつです。すべての人がこの理論どおりに行動するとは限りません。しかし、この理論を参考にすることで、人間の行動をより深く理解することができます。

参考URL:


Copyright(C) 2012 心理学用語辞典 - 心の言葉を知るブログ All Rights Reserved.