心理学用語

文脈効果(context effect)とは、知覚や記憶、意思決定などの認知活動が、その前後関係や状況によって影響を受ける現象です。たとえば、同じ文字列でも、それが表示される文脈によって、その意味や印象が変わることがあります。例えば、同じ「赤」という文字列でも、「赤ちゃん」と書かれていると愛らしい印象を受ける一方、「赤信号」と書かれていると危険な印象を受けるなどです。

文脈効果は、人間の認知が複雑で多面的なため、その原因は完全には解明されていません。しかし、いくつかの仮説が立てられています。たとえば、文脈効果は、人間が情報処理を行う際に、前後関係や状況を参照して、その情報の意味を解釈しているためと考えられています。また、文脈効果は、人間の記憶や期待によっても影響を受けると考えられています。

文脈効果は、私たちの日常生活において、さまざまな場面で影響を与えています。たとえば、商品の価格を決めるとき、商品の周囲にある商品の価格の影響を受けることがあります。また、就職試験を受けるとき、面接官の第一印象の影響を受けることがあります。このように、文脈効果は、私たちの意思決定や行動に大きな影響を与えています。

文脈効果を理解することで、私たちは自分の認知の偏りを認識し、より合理的な意思決定を行うことができるようになります。また、文脈効果をマーケティングや広告に活用することで、より効果的なコミュニケーションを実現することができます。

以下に、文脈効果のいくつかの例を挙げます。

* 同じ文字列でも、それが表示される文脈によって、その意味や印象が変わる。

* 商品の価格を決めるとき、商品の周囲にある商品の価格の影響を受ける。

* 就職試験を受けるとき、面接官の第一印象の影響を受ける。

* 同じニュース記事でも、それが表示されるメディアによって、その報道内容が変わる。

* 同じ商品でも、それが表示される場所によって、その売上が変わる。

文脈効果は、私たちの日常生活において、さまざまな場面で影響を与えています。文脈効果を理解することで、私たちは自分の認知の偏りを認識し、より合理的な意思決定を行うことができるようになります。また、文脈効果をマーケティングや広告に活用することで、より効果的なコミュニケーションを実現することができます。

参考URL:


Copyright(C) 2012 心理学用語辞典 - 心の言葉を知るブログ All Rights Reserved.