心理学用語

昇華とは、物質が固体から直接気体に変化することです。通常、物質は固体から液体、液体から気体へと相転移しますが、昇華では液体を経由せずに直接気体に変化します。昇華しやすい物質には、アンモニア、イオウ、樟脳、ドライアイスなどがあります。

昇華は、日常生活でも見ることができます。たとえば、ドライアイスを使うと、ドライアイスが昇華する際に発生する冷気で氷が作られます。また、樟脳は、虫除け剤として使われていますが、樟脳が昇華する際に発生する臭いが、虫を寄せ付けません。

昇華は、化学工業や医療分野でも利用されています。化学工業では、昇華を利用して、物質を精製したり、新しい物質を作ったりしています。医療分野では、昇華を利用して、薬を製造したり、傷を治癒したりしています。

昇華は、物質の状態変化の一種ですが、その応用は多岐にわたります。昇華は、私たちの生活をより便利で快適なものにするために欠かせない現象です。

以下に、昇華の応用例をいくつか挙げます。

* ドライアイスによる冷却

* 樟脳による虫除け

* 化学工業における精製・製造

* 医療分野における薬の製造・治療

昇華は、私たちの生活に密接に関わっている現象です。昇華のしくみを理解することで、私たちは昇華をより有効に活用することができます。

参考URL:


Copyright(C) 2012 心理学用語辞典 - 心の言葉を知るブログ All Rights Reserved.