心理学用語

アイビー・リー・メソッドとは、1918年にアメリカのビジネスマンであるアイビー・リー氏が考案したタスク管理術です。このメソッドは、次の6つのステップで構成されています。

1. 前日の夜に、明日やるべきタスクを6つ書き出す。

2. タスクを重要度順に並べる。

3. 最も重要なタスクから順に取り組む。

4. タスクが完了したら、リストから消す。

5. タスクが完了しなかった場合は、次の日のリストに移す。

6. 1?5を毎日繰り返す。

アイビー・リー・メソッドは、非常にシンプルな方法ですが、非常に効果的なタスク管理術です。このメソッドのメリットは、次のとおりです。

* タスクを6つに絞ることで、優先順位を明確にすることができる。

* 最も重要なタスクから順に取り組むことができるため、効率的にタスクをこなすことができる。

* タスクが完了したら、リストから消すため、達成感を得ることができる。

* タスクが完了しなかった場合は、次の日のリストに移すため、無駄なタスクを抱え込まない。

アイビー・リー・メソッドは、誰でも簡単に実践できるタスク管理術です。このメソッドを習慣にすることで、仕事や勉強の効率を大幅に向上させることができます。

以下に、アイビー・リー・メソッドを実践する際のポイントをいくつかご紹介します。

* タスクを書き出す際には、できるだけ具体的に書く。

* タスクを重要度順に並べる際には、自分の目標や優先順位を基準にする。

* タスクに取り組む際には、集中力を高めるために、周囲の環境を整える。

* タスクが完了したら、必ずリストから消す。

* タスクが完了しなかった場合は、次の日のリストに移す。

アイビー・リー・メソッドは、非常にシンプルな方法ですが、非常に効果的なタスク管理術です。このメソッドを習慣にすることで、仕事や勉強の効率を大幅に向上させることができます。

参考URL:


Copyright(C) 2012 心理学用語辞典 - 心の言葉を知るブログ All Rights Reserved.