心理学用語

サプライチェーン・マネジメント(SCM)とは、原材料調達から製造、販売、配送に至るまでのサプライチェーン全体を最適化するための経営手法です。SCMでは、サプライチェーン全体の各プロセスを連携させ、情報や在庫を共有することで、無駄を削減し、コストを削減し、顧客満足度を向上させます。

SCMには、以下の5つの主要なプロセスがあります。

1. 調達プロセス:原材料や部品を調達するプロセスです。

2. 製造プロセス:原材料や部品から製品を生産するプロセスです。

3. 在庫管理プロセス:製品を保管し、販売に必要な量を保つプロセスです。

4. 輸送プロセス:製品を製造拠点から販売拠点に輸送するプロセスです。

5. 販売プロセス:製品を販売するプロセスです。

SCMを効果的に行うためには、以下の3つのポイントが重要です。

1. サプライチェーン全体の各プロセスを連携させること。

2. 情報や在庫を共有すること。

3. 顧客のニーズを把握すること。

SCMを効果的に行うことで、企業は以下のメリットを得ることができます。

* コスト削減

* 顧客満足度向上

* 競争力強化

* 生産性向上

* リスク管理

SCMは、企業の成長と発展に不可欠な経営手法です。企業は、SCMを効果的に行うことで、競争力を高め、顧客満足度を向上させ、企業の成長と発展を実現することができます。

参考URL:


Copyright(C) 2012 心理学用語辞典 - 心の言葉を知るブログ All Rights Reserved.