心理学用語

集団心理とは、多くの人が集まると、個人の心理状態が変化し、集団特有の心理状態になることです。集団心理は、個人の心理状態に大きな影響を与え、合理的な判断を妨げ、暴力や暴動などの非合理的な行動につながることもあります。

集団心理には、いくつかの特徴があります。

* 集団意識:集団心理では、個人の意識が集団の意識に溶け込み、個人の個性が失われます。

* 同調圧力:集団心理では、個人は集団から浮いたくないという心理が働き、集団の意見に同調するようになります。

* 無責任感:集団心理では、個人は集団に責任を負っているという意識が薄くなるため、リスクを冒すような行動をしやすくなります。

* 感情の高揚:集団心理では、個人の感情が高揚し、理性的思考が低下します。

集団心理は、スポーツ観戦やコンサートなど、多くの人が集まる場所でよく見られます。また、政治集会やデモなどの政治活動の場でも、集団心理が見られます。

集団心理は、良い方向にも悪い方向にも働く可能性があります。例えば、集団心理は、人々の士気を高め、困難な状況を乗り越える力を与えることもあります。しかし、集団心理は、暴力や暴動などの非合理的な行動につながることもあります。

集団心理を理解することは、集団の中で自分自身をコントロールし、集団の暴走を防ぐために重要です。集団心理に巻き込まれないようにするには、自分の意見を持ち、周りの意見に流されないようにすることが大切です。また、集団心理が働いている時は、冷静に判断し、行動することが大切です。

参考URL:


Copyright(C) 2012 心理学用語辞典 - 心の言葉を知るブログ All Rights Reserved.