心理学用語

マクレランドの欲求理論とは、アメリカの心理学者デイビッド・マクレランドが提唱したモチベーション理論です。マクレランドは、人間の行動は、達成欲求、権力欲求、親和欲求の3つの欲求によって動機付けられていると考えました。

* 達成欲求とは、目標を達成し、優秀な成績を収めたいという欲求です。達成欲求の強い人は、困難な課題に挑戦し、自分の能力を向上させたいと考えています。

* 権力欲求とは、他者を支配し、影響力を与えたいという欲求です。権力欲求の強い人は、リーダーシップを発揮し、周囲を動かしたいと考えています。

* 親和欲求とは、他者と親密な関係を築きたいという欲求です。親和欲求の強い人は、人との交流を楽しみ、愛情や承認を求めています。

マクレランドの欲求理論は、組織行動論や人事管理の分野で広く用いられています。マネジャーは、部下の欲求を理解することで、部下のモチベーションを高めることができます。例えば、達成欲求の強い部下には、困難な課題を与え、成長の機会を与えることで、モチベーションを高めることができます。権力欲求の強い部下には、リーダーシップを発揮する機会を与え、他者を動かす経験をさせることで、モチベーションを高めることができます。親和欲求の強い部下には、チームワークを重視する仕事を与え、他者と協力する経験をさせることで、モチベーションを高めることができます。

マクレランドの欲求理論は、人間の行動を理解する上で重要な理論です。この理論を理解することで、私たちは、自分の欲求を明確にし、自分のモチベーションを高めることができます。また、マネージャーは、部下の欲求を理解することで、部下のモチベーションを高め、組織のパフォーマンスを向上させることができます。

参考URL:


Copyright(C) 2012 心理学用語辞典 - 心の言葉を知るブログ All Rights Reserved.