心理学用語

感情労働とは、労働者が自分の感情をコントロールし、顧客や上司、同僚などに対して、期待される感情を表現する労働を指します。感情労働は、サービス業や介護業、教育業など、多くの職種で必要とされています。

感情労働は、肉体労働や頭脳労働とは異なり、目に見えない労働です。そのため、労働者自身も、自分が感情労働をしていることに気がついていない場合があります。しかし、感情労働は、肉体労働や頭脳労働以上に、労働者に大きな負担を与える可能性があります。

感情労働による負担には、以下のものがあります。

* ストレス

* 疲労

* うつ病

* 心身症

* 離職

感情労働は、労働者の心身の健康に大きな影響を与える可能性があります。そのため、労働者は、自分の感情をコントロールし、感情労働による負担を減らすことが重要です。

感情労働による負担を減らすには、以下のような方法があります。

* 自分の感情を理解する

* 自分の感情を表現する方法を知る

* 自分の感情をコントロールする方法を知る

* 自分の感情を休める方法を知る

* 自分の感情をサポートしてくれる人に相談する

感情労働は、多くの労働者が経験する労働です。しかし、感情労働による負担を減らすことで、労働者の心身の健康を守ることができます。

参考URL:


Copyright(C) 2012 心理学用語辞典 - 心の言葉を知るブログ All Rights Reserved.