心理学用語

リスク・マネジメントとは、組織が直面するリスクを特定し、評価し、対応策を講じることで、リスクを最小限に抑え、組織の目標を達成するためのプロセスです。

リスク・マネジメントは、組織の規模や業種を問わず、すべての組織に必要です。リスク・マネジメントを実施することで、組織は、次のメリットを得ることができます。

* リスクを最小限に抑え、組織の目標を達成する

* リスクに備えて対応策を講じることで、不測の事態に備える

* リスクを可視化することで、組織のリスク意識を向上させる

* リスクを管理することで、組織のガバナンスを強化する

リスク・マネジメントは、一連のステップで構成されています。

1. リスクの特定

2. リスクの評価

3. リスクへの対応

4. リスクのモニタリング

リスクの特定では、組織が直面するリスクをすべて洗い出します。リスクの評価では、特定したリスクの発生確率と影響度を評価します。リスクへの対応では、評価したリスクに対して、対応策を講じます。リスクのモニタリングでは、リスクの状況を継続的に監視し、必要に応じて対応策を変更します。

リスク・マネジメントは、継続的に実施する必要があります。リスクは常に変化しています。リスク・マネジメントを継続的に実施することで、組織は、常に最新のリスクを把握し、対応策を講じることができます。

リスク・マネジメントは、組織にとって重要な経営活動です。リスク・マネジメントを効果的に実施することで、組織は、リスクを最小限に抑え、組織の目標を達成することができます。

参考URL:


Copyright(C) 2012 心理学用語辞典 - 心の言葉を知るブログ All Rights Reserved.