心理学用語

ツァイガルニク効果とは、中断されたタスクは完了したタスクよりも記憶に残りやすいという現象です。この効果は、1927年にソビエトの心理学者であるブリューマ・ツァイガルニクによって発見されました。ツァイガルニクは、被験者にタスクを実行させ、途中で中断させたところ、中断されたタスクの方が完了したタスクよりも記憶に残りやすいことを発見しました。

ツァイガルニク効果は、タスクを中断したときに、脳はタスクを完了するまでの緊張状態が続くため、タスクが記憶に残りやすいと考えられています。また、タスクが中断されたときに、脳はタスクを完了するための情報や手がかりを記憶に保持するため、タスクを思い出しやすいと考えられています。

ツァイガルニク効果は、ビジネスやマーケティングなどの分野で活用されています。例えば、営業では、顧客との商談を中断したときに、顧客の連絡先や商談内容を記録しておくことで、商談を再開する際にスムーズに進めることができます。また、マーケティングでは、顧客に未完了の体験を提供することで、顧客の記憶に残り、商品やサービスの購入につながる可能性があります。

ツァイガルニク効果は、私たちの日常生活でもよく見られます。例えば、家事を途中で中断したときに、家事のことを忘れずに済むように、家事のリストを作っておくことがあります。また、読書を途中で中断したときに、読書の続きを忘れないように、読書の場所やページ数をメモしておくことがあります。

ツァイガルニク効果を活用することで、効率的にタスクをこなし、忘れ物を減らすことができます。

参考URL:


Copyright(C) 2012 心理学用語辞典 - 心の言葉を知るブログ All Rights Reserved.