心理学用語

スキゾイドパーソナリティ障害(統合失調質パーソナリティ障害)は、DSM-5(精神疾患の診断と統計マニュアル第5版)に記載されているパーソナリティ障害の1つです。スキゾイドパーソナリティ障害の人は、他人との関わりを避け、一人でいることを好みます。また、感情を表現することが少なく、喜怒哀楽の幅が狭い傾向にあります。

スキゾイドパーソナリティ障害の人は、以下のような特徴があります。

* 他人と親密な関係を築くことができない。

* 孤独を好む。

* 他人との関わりを避ける。

* 感情を表現することが少ない。

* 喜怒哀楽の幅が狭い。

* 趣味や活動に没頭する。

* 現実社会に無関心である。

スキゾイドパーソナリティ障害の原因は、まだ完全には解明されていませんが、遺伝的要因と環境的要因が複合的に影響していると考えられています。

スキゾイドパーソナリティ障害の治療は、薬物療法と精神療法が併用されます。薬物療法では、抗精神病薬や抗不安薬が用いられます。精神療法では、認知行動療法が用いられます。認知行動療法では、スキゾイドパーソナリティ障害の人の思考や行動を理解し、問題を解決するための方法を学びます。

スキゾイドパーソナリティ障害は、重症化すると社会生活に支障をきたす可能性があります。しかし、早期に治療を開始することで、症状を改善させることができます。

参考URL:


Copyright(C) 2012 心理学用語辞典 - 心の言葉を知るブログ All Rights Reserved.