心理学用語

ミルグラムの法則とは、権威者から命令された場合、たとえそれが倫理的に間違っていたとしても、それに従ってしまうという心理現象です。1963年にスタンリー・ミルグラムによって行われた実験で発見されました。

実験では、被験者を教師役と生徒役に分けて、生徒役に電気ショックを与える実験を行いました。教師役には、生徒役が間違えたときに電気ショックを加えるように指示され、生徒役には電気ショックを受けたように演技するように指示されました。

実験の結果、教師役のほとんどが、生徒役が苦痛を訴えても電気ショックを続けました。その理由は、教師役が権威者である研究者から命令されたこと、生徒役の苦痛が直接目に見えるものではなかったこと、そして教師役が責任を負わなくて済むと思い込んでいたことなどです。

ミルグラムの法則は、私たちの日常生活でも見ることができます。たとえば、上司から無理な仕事を押し付けられたとき、私たちは断りにくいことがあります。これは、上司が権威者であり、私たちは上司に服従しなければならないと思っているからです。また、私たちは、法令や規則に従うように教育されています。これは、私たちが法律や規則に従うことで、社会秩序を維持することができると考えているからです。

ミルグラムの法則は、私たちが権威者に服従する傾向があることを示すものです。しかし、ミルグラムの法則は、私たちが常に権威者に服従するわけではありません。私たちは、自分の良心に従って、権威者の命令に従わなかったり、抵抗したりすることもできます。

ミルグラムの法則を理解することは、私たちが権威者に服従する際に、自分の行動をコントロールするためのヒントになるでしょう。

参考URL:


Copyright(C) 2012 心理学用語辞典 - 心の言葉を知るブログ All Rights Reserved.