心理学用語

バタフライ効果とは、力学系の状態にわずかな変化を与えると、そのわずかな変化が無かった場合とは、その後の系の状態が大きく異なってしまうという現象です。カオス理論で扱うカオス運動の予測困難性、初期値鋭敏性を意味する標語的、寓意的な表現です。

バタフライ効果の語源は、アメリカの物理学者エドワード・ローレンツが1963年に発表した論文「気象力学における不安定性」です。ローレンツは、気象現象を数学的にモデル化した際、初期条件のわずかな違いが、その後の予測に大きな影響を与えることを発見しました。この発見を、ローレンツは「ブラジルの蝶の羽ばたきが、テキサスの竜巻を引き起こすのか」という比喩で説明しました。

バタフライ効果は、自然現象だけでなく、社会現象にも適用できます。例えば、ある人物が小さな決断を下したことが、その後の歴史を大きく変えてしまうことがあるかもしれません。バタフライ効果は、私たちの日常生活にも潜んでいる可能性があるのです。

バタフライ効果は、予測困難な現象であるため、私たちはそれを完全に理解することはできません。しかし、バタフライ効果を理解することで、私たちはより慎重に行動し、将来をより良くするために努力することができます。

バタフライ効果は、私たちの人生に大きな影響を与える可能性がある現象です。私たちは、バタフライ効果を理解し、その影響を軽減するために、慎重に行動することが大切です。

参考URL:


Copyright(C) 2012 心理学用語辞典 - 心の言葉を知るブログ All Rights Reserved.