心理学用語

記憶とは、脳が過去の経験を保持する能力です。記憶は、ヒトの認知能力の中心的な要素であり、私たちの思考、感情、行動に大きな影響を与えます。記憶には、短期記憶と長期記憶の2種類があります。短期記憶は、数秒から数分間しか保持することができません。一方、長期記憶は、数か月、数年、さらには一生記憶されることもあります。

記憶は、脳の海馬、扁桃体、側頭葉などの部位で処理されます。海馬は、新しい記憶を形成する役割を担っています。扁桃体は、感情的な記憶を処理する役割を担っています。側頭葉は、視覚、聴覚、言語などの記憶を処理する役割を担っています。

記憶は、時間の経過とともに徐々に忘れていきます。この現象を「忘却」といいます。忘却には、いくつかの原因が考えられます。

* 時間の経過による記憶の消失

* 新しい記憶との干渉

* 記憶の検索失敗

時間の経過とともに、記憶は徐々に弱くなっていきます。これは、脳が新しい記憶を形成するために、古い記憶を消去しているためです。新しい記憶との干渉も、忘却の原因となります。例えば、同じ単語を繰り返し見たり聞いたりすると、その単語の記憶が弱くなってしまいます。記憶の検索失敗も、忘却の原因となります。例えば、ある出来事を思い出そうとしても、思い出せないことがあります。これは、記憶が脳の深部に埋もれてしまったためです。

忘却は、必ずしも悪いことではありません。忘却は、脳の容量を節約し、新しい記憶を形成するのに役立ちます。また、忘却は、私たちをトラウマなどの過去の記憶から解放してくれます。

記憶を忘れないためには、以下のような方法があります。

* 繰り返し練習する

* 記憶を関連づける

* 記憶を視覚化する

* 記憶を感情的に結びつける

これらの方法を組み合わせることで、記憶をより強く、長く保持することができます。

参考URL:


Copyright(C) 2012 心理学用語辞典 - 心の言葉を知るブログ All Rights Reserved.