心理学用語

マッハの帯とは、明度が連続的に変化する領域に、明るさの変化が目立って見える錯視の一種です。19世紀のオーストリアの物理学者、エルンスト・マッハによって最初に報告されました。

マッハの帯は、視覚系の側抑制によって生じます。側抑制とは、視覚系の神経細胞が、隣り合った神経細胞からの刺激を抑制する現象です。このため、明るい領域から暗い領域に移り変わる境界付近では、明るい領域の神経細胞が抑制され、暗い領域の神経細胞が興奮します。この結果、境界付近が明るく見えます。

マッハの帯は、日常生活の中でよく見られます。例えば、空の明るさと雲の明るさの境界付近では、雲が明るく見えます。また、海の波の明るさと海面の明るさの境界付近でも、波が明るく見えます。

マッハの帯は、視覚系の働きを理解する上で重要な現象です。また、マッハの帯は、グラフィックデザインやアートなどの分野でも利用されています。例えば、マッハの帯を利用することで、立体感や動きを表現することができます。

マッハの帯の例をいくつか示します。

* 空の明るさと雲の明るさの境界付近

* 海の波の明るさと海面の明るさの境界付近

* 道路の白線の周囲

* テレビの画面の周囲

* 印刷物の文字の周囲

マッハの帯は、日常生活の中でよく見られる錯視です。マッハの帯の原理を理解することで、視覚系の働きをより深く理解することができます。

参考URL:


Copyright(C) 2012 心理学用語辞典 - 心の言葉を知るブログ All Rights Reserved.