心理学用語

外部代行者の錯覚(externalizing agency illusion)とは、自分がコントロールできない状況で、自分の行動をコントロールしている外部的な存在があると錯覚する現象です。この錯覚は、人間の認知の特徴である「帰属バイアス」によって引き起こされます。帰属バイアスとは、自分の行動の成功を自分の能力や努力に帰属し、失敗を外部要因に帰属する傾向です。

外部代行者の錯覚は、様々な場面で観察されています。例えば、スポーツの試合で負けたときに、自分のチームの選手を批判するのではなく、審判の判定や天候のせいにしたり、仕事でミスをしたときに、自分の能力のせいではなく、上司の指示が悪かったり、システムに問題があったりすると考えることがあります。

外部代行者の錯覚は、自分の行動の責任を回避したり、自分を守るために使われることが多いです。しかし、この錯覚は、自分の成長や改善を妨げる可能性があります。なぜなら、自分の行動の責任を他人に転嫁してしまうと、自分の行動を振り返ったり、改善策を考えたりする機会を失うからです。

外部代行者の錯覚を避けるためには、自分の行動を客観的に評価することが大切です。自分の行動の成功と失敗を、自分の能力や努力に帰属するのではなく、客観的な要因に帰属するようにしましょう。また、自分の行動の責任を他人に転嫁するのではなく、自分の行動を改善するために努力しましょう。

外部代行者の錯覚は、誰にでも起こりうる現象です。しかし、この錯覚を認識し、意識することで、自分の成長や改善につながります。

参考URL:


Copyright(C) 2012 心理学用語辞典 - 心の言葉を知るブログ All Rights Reserved.