心理学用語

プレグナンツの法則とは、ドイツ語で「簡潔さ」を意味する言葉です。視覚的な情報に対して、人が無意識に簡潔でわかりやすい形として知覚しようとする傾向のことを指します。プレグナンツの法則は、ゲシュタルト心理学において重要な概念のひとつです。

プレグナンツの法則には、いくつかの種類があります。主な法則は、以下の4つです。

* **近接の法則**

視覚的に近い要素は、ひとつのグループとして認識される傾向があります。たとえば、点が散らばっていても、近い点はひとつのグループとして認識されます。

* **類似の法則**

視覚的に似ている要素は、ひとつのグループとして認識される傾向があります。たとえば、色が同じでも形が違う円は、ひとつのグループとして認識されます。

* **閉鎖の法則**

視覚的に閉じられた形は、ひとつのグループとして認識される傾向があります。たとえば、点が線で囲まれた形は、ひとつのグループとして認識されます。

* **連続の法則**

視覚的に連続した形は、ひとつのグループとして認識される傾向があります。たとえば、曲線がつながった形は、ひとつのグループとして認識されます。

プレグナンツの法則は、デザインや広告など、様々な分野で応用されています。たとえば、視覚的に簡潔でわかりやすいデザインは、ユーザーの注意を引きやすく、記憶にも残りやすいです。また、プレグナンツの法則を応用した広告は、ユーザーに効果的に訴求することができます。

プレグナンツの法則は、私たちの視覚認知の基本的な原則です。この原則を理解することで、より効果的なデザインや広告を作成することができます。

参考URL:


Copyright(C) 2012 心理学用語辞典 - 心の言葉を知るブログ All Rights Reserved.