心理学用語

同化性バイアス(英: assimilation bias)とは、集団内の多数派の意見に従ってしまう心理的傾向です。人は、集団に属する際に、集団の価値観や規範を学び、それらに適応しようとします。この適応の過程で、自分の意見が集団の多数派の意見と異なる場合、自分の意見を抑圧し、多数派の意見に同調してしまう傾向が生まれます。

同化性バイアスは、日常生活の中で様々な場面で見られることができます。例えば、会議で自分の意見を述べようとしたときに、多数派の意見と異なるため、自分の意見を言い出さずに終わってしまうことがあります。また、グループで何かを決める際に、多数派の意見に従ってしまうこともあります。

同化性バイアスは、集団の調和を保つために必要な場合もあります。しかし、同化性バイアスが強すぎると、自分の意見を主張することができず、集団の中での自分の存在感を失ってしまうことがあります。また、同化性バイアスが強すぎると、集団の誤った意見に同調してしまうこともあります。

同化性バイアスを克服するためには、自分の意見を主張することと、集団の意見に盲目的に従わないことが必要です。自分の意見を主張する際には、自分の意見を正当化する根拠を説明できるようにしておくことが重要です。また、集団の意見に盲目的に従わないためには、集団の意見を批判的に検討することが重要です。

同化性バイアスは、人間が集団に属する際に生じる自然な心理的な傾向です。しかし、同化性バイアスが強すぎると、自分の意見を主張することができず、集団の中での自分の存在感を失ってしまうことがあります。また、同化性バイアスが強すぎると、集団の誤った意見に同調してしまうこともあります。同化性バイアスを克服するためには、自分の意見を主張することと、集団の意見に盲目的に従わないことが必要です。

参考URL:


Copyright(C) 2012 心理学用語辞典 - 心の言葉を知るブログ All Rights Reserved.