心理学用語

割れ窓理論とは、アメリカの犯罪学者ジョージ・ケリングによって提唱された理論です。この理論によれば、放置された小さな違反行為が、より大きな犯罪を誘発する可能性があるという考え方です。例えば、落書きやゴミが放置された街は、治安が悪く、犯罪が発生しやすい場所と認識されます。そのため、さらに多くの犯罪が起こりやすくなるということになります。

割れ窓理論は、1982年にケリングとジェームス・ウィルソンによって発表された論文「The Police and Neighborhood Safety」で初めて提唱されました。この論文では、ニューヨーク市の治安改善策として、放置されたゴミや落書きの清掃、警察の巡回強化などの取り組みが効果的であったことが報告されています。

割れ窓理論は、その後、アメリカの多くの都市で犯罪対策に採用されました。また、日本でも、この理論に基づいた犯罪対策が取り組まれています。

割れ窓理論は、犯罪を抑止する効果が実証されている一方で、批判的な意見もあります。批判的な意見では、割れ窓理論が、犯罪の原因を個人の責任に帰してしまうという点や、少数派の人々を標的にした差別的な取り締まりにつながる可能性があるという点が指摘されています。

割れ窓理論は、犯罪を抑止する効果的な手段である一方で、その適用には慎重な配慮が必要であると考えられています。

参考URL:


Copyright(C) 2012 心理学用語辞典 - 心の言葉を知るブログ All Rights Reserved.