心理学用語

2:6:2の法則とは、あらゆる集団において、パフォーマンス(生産性)が良い人が2割、パフォーマンスが中くらいの人が6割、パフォーマンスが悪い人が2割の割合で存在するという経験則です。この法則は、イタリアの経済学者ヴィルフレド・パレートが19世紀に考案した「パレートの法則」から派生したもので、パレートの法則が「全体の80%の成果は、全体の20%の要素によって生み出される」というものであるのに対し、2:6:2の法則は「全体の成果は、全体の20%の人によって生み出される」というものです。

2:6:2の法則は、さまざまな分野で適用されています。例えば、ビジネスでは、2:6:2の法則に基づいて、優秀な社員に報酬を集中的に支給したり、優秀な社員をリーダーに抜擢したりすることで、組織全体のパフォーマンスを向上させることができます。また、教育では、2:6:2の法則に基づいて、優秀な生徒に特別な指導をしたり、優秀な生徒をリーダーに抜擢したりすることで、学力の向上を図ることができます。

2:6:2の法則は、あくまでも経験則であり、すべての集団に当てはまるとは限りません。しかし、この法則を理解することで、組織やチームのパフォーマンスを向上させるためのヒントを得ることができます。

2:6:2の法則を活用するためには、まず、組織やチームの現状を把握することが重要です。組織やチームの構成員のパフォーマンスを評価し、2:6:2の法則に当てはめてみてください。2:6:2の法則に当てはまらない場合は、組織やチームのパフォーマンスを向上させるための施策を検討する必要があります。

2:6:2の法則を活用することで、組織やチームのパフォーマンスを向上させ、より良い成果を達成することができます。

参考URL:


Copyright(C) 2012 心理学用語辞典 - 心の言葉を知るブログ All Rights Reserved.