心理学用語

ネガティブ・バイアスとは、人間がネガティブな情報に注意を向けやすく、記憶に残りやすい傾向を意味します。

ネガティブ・バイアスは、人類の進化の過程で生まれたと考えられています。ネガティブな情報は、危険や脅威を意味する可能性があるため、注意を払うことで身を守ることができました。

ネガティブ・バイアスは、私たちの日常生活に様々な影響を与えています。例えば、ネガティブなニュースに目が行きやすかったり、ネガティブな感情を抱きやすかったりします。また、ネガティブな経験は、ポジティブな経験よりも記憶に残りやすくなります。

ネガティブ・バイアスは、私たちの行動にも影響を与えます。例えば、ネガティブな情報に接すると、リスク回避的な行動を取ったり、ネガティブな感情を抱いた人に対して攻撃的になったりすることがあります。

ネガティブ・バイアスは、人間の認知の特徴の一つです。ネガティブ・バイアスを理解することで、自分の行動をコントロールし、より良い人生を送ることができるようになります。

ネガティブ・バイアスを克服するためには、以下の方法が有効です。

* ネガティブな情報に過度に反応しないようにする。

* ネガティブな感情をコントロールする。

* ポジティブな経験を積み重ねる。

* ネガティブな思考パターンを認識し、修正する。

ネガティブ・バイアスは、人間の認知の特徴の一つです。ネガティブ・バイアスを理解することで、自分の行動をコントロールし、より良い人生を送ることができるようになります。

参考URL:


Copyright(C) 2012 心理学用語辞典 - 心の言葉を知るブログ All Rights Reserved.