心理学用語

イフゼンルールとは、行動を習慣化するための方法です。イフゼンルールは、「もし(If)〇〇したら(Then)△△をすると決める」という形で、条件を決めて行動を起こすものです。

イフゼンルールが有効な理由は、人間の脳は、条件と行動を結びつけることが得意だからです。例えば、「朝起きたらストレッチをする」というイフゼンルールを決めると、脳は「朝起きる」という条件と「ストレッチをする」という行動を結びつけます。そのため、朝起きると、無意識にストレッチをするようになります。

イフゼンルールを効果的に使うには、いくつかのポイントがあります。まず、条件は具体的に決めることが重要です。例えば、「朝起きたらストレッチをする」というイフゼンルールよりも、「朝起きて5分間ストレッチをする」というイフゼンルールの方が、より効果的です。また、行動は簡単にできることにすることが重要です。最初から難しいことを目標にすると、挫折してしまいがちです。

イフゼンルールは、行動を習慣化するための有効な方法です。もし、何か新しい習慣を身につけたいと思ったら、イフゼンルールを試してみてください。

以下に、イフゼンルールを効果的に使うための例をいくつかご紹介します。

* 朝起きたらストレッチをする

* 仕事が終わったら散歩をする

* 食事の前には水を飲む

* 仕事中に疲れたら休憩をする

* 勉強が終わったらご褒美を自分に与える

イフゼンルールをうまく活用して、新しい習慣を身につけてみてください。

参考URL:


Copyright(C) 2012 心理学用語辞典 - 心の言葉を知るブログ All Rights Reserved.