心理学用語

ヤマアラシのジレンマとは、哲学者のショーペンハウアーが提唱した人間関係の概念です。寒い冬に、ヤマアラシたちが集まって暖をとろうとすると、お互いの針が刺さってしまい、近づきすぎると痛い。しかし、離れすぎると寒い。そのため、ヤマアラシたちは、お互いに適度な距離を保ちながら、暖を取ろうとするのです。

このヤマアラシのジレンマは、人間関係にも当てはめることができます。人間は、誰しもが孤独を避け、愛情や承認を求めています。しかし、お互いに近づきすぎると、自分の価値観や意見がぶつかり合い、傷つけ合うこともあります。そのため、人間は、お互いに適度な距離を保ちながら、親密な関係を築こうとします。

ヤマアラシのジレンマは、人間関係の難しい点を表しています。しかし、このジレンマを乗り越えることができれば、お互いに尊重し合いながら、深い関係を築くことができます。

ヤマアラシのジレンマを乗り越えるためのヒントをいくつかご紹介します。

* 自分の価値観や意見を尊重する。

* 相手の価値観や意見を尊重する。

* 自分の気持ちを素直に伝える。

* 相手の気持ちを理解しようとする。

* 相手の立場に立って考える。

* 自分の行動を振り返る。

ヤマアラシのジレンマは、人間関係の難しい点を表していますが、乗り越えることができれば、お互いに尊重し合いながら、深い関係を築くことができます。

参考URL:


Copyright(C) 2012 心理学用語辞典 - 心の言葉を知るブログ All Rights Reserved.