心理学用語

自己決定性とは、自分の人生を自分で決める能力です。これは、自分の価値観や目標を明確に持ち、それに基づいて行動する能力です。自己決定性が高い人は、自分の人生に満足し、幸福感が高い傾向にあります。

自己決定性を高めるためには、以下の3つの要素が重要です。

1. 自己理解

2. 自己効力感

3. 自己調整力

自己理解とは、自分の価値観や目標を明確に把握することです。自分の価値観や目標を理解することで、自分の人生の意味や目的を見いだすことができます。

自己効力感とは、自分の能力や可能性を信じることです。自己効力感が高い人は、困難な状況にあっても、自分の能力で乗り越えられると信じています。

自己調整力とは、自分の行動をコントロールする能力です。自己調整力が高い人は、自分の目標を達成するために、自分の行動を適切にコントロールすることができます。

自己決定性を高めるためには、これらの3つの要素をバランスよく育てる必要があります。自己決定性を高めることで、自分の人生をより充実させることができます。

以下に、自己決定性を高めるための具体的な方法をいくつかご紹介します。

* 自分の価値観や目標を明確にする

* 自分の強みや弱みを理解する

* 自分の目標を達成するために、具体的な計画を立て、実行する

* 困難な状況にあっても、あきらめずに自分の目標に向かって努力する

* 失敗を恐れず、新しいことに挑戦する

* 自分の人生を振り返り、自己評価をする

自己決定性は、一朝一夕に高められるものではありません。しかし、日々の積み重ねによって、自己決定性を高めることができます。自己決定性を高めることで、自分の人生をより充実させることができます。

参考URL:


Copyright(C) 2012 心理学用語辞典 - 心の言葉を知るブログ All Rights Reserved.