心理学用語

予言の自己成就とは、ある事柄について信じたり期待したりすることで、その事柄が実現するという現象です。たとえば、自分は成功すると思う人は成功しやすく、失敗すると思う人は失敗しやすいということなどがあります。

予言の自己成就は、心理学や社会学において、よく研究されている現象です。そのメカニズムとしては、以下のようなものが考えられます。

* 期待効果:人は自分が期待しているものに対して、より良い結果を出そうと努力する傾向があります。そのため、成功を期待している人は、より努力をして成功しやすくなります。

* 自己実現的予言:人は自分が何を信じているかによって、行動が変わります。そのため、成功を信じている人は、成功しやすい行動をとるようになり、結果として成功しやすくなります。

* 周囲からの期待:周囲の人から期待されると、人はそれに応えようと努力する傾向があります。そのため、成功を期待されている人は、より努力をして成功しやすくなります。

予言の自己成就は、ポジティブなものにもネガティブなものにもなり得ます。ポジティブな意味では、成功を信じることで、実際に成功しやすくなるという効果があります。ネガティブな意味では、失敗を信じることで、実際に失敗しやすくなるという効果があります。

予言の自己成就をコントロールするためには、自分の思考や行動を意識することが大切です。自分が何を信じているか、何を期待しているのか、周囲の人からどのように期待されているのかを考えてみましょう。そして、ポジティブな思考や行動を心がけることで、予言の自己成就をコントロールすることができます。

予言の自己成就は、私たちの人生に大きな影響を与える可能性があります。ポジティブな思考や行動を心がけることで、予言の自己成就をコントロールし、より良い人生を送ることができるのです。

参考URL:


Copyright(C) 2012 心理学用語辞典 - 心の言葉を知るブログ All Rights Reserved.