心理学用語

ジラード250の法則とは、1962年に世界一のセールスマンとしてギネスブックに認定されたジョー・ジラード氏が提唱した法則です。この法則によると、人は平均250人の知人や友人を持ち、そのうちの10%から15%が、その人の意見や行動に影響を受けると言われています。つまり、1人の顧客を満足させると、その顧客の知人や友人など、25人から37.5人の人に良い影響を与えることができるのです。

この法則は、営業活動において非常に重要な意味を持ちます。なぜなら、顧客を満足させることで、その顧客の知人や友人からの紹介を獲得することができるからです。紹介は、新規顧客を獲得する最も効果的な方法の一つです。また、紹介された顧客は、すでに商品やサービスに興味を持っていることが多いため、成約率も高くなります。

ジラード250の法則を効果的に活用するためには、顧客を満足させるための努力を継続することが重要です。顧客のニーズを理解し、そのニーズを満たす商品やサービスを提供することが大切です。また、顧客との信頼関係を築くことも重要です。信頼関係が築ければ、顧客は商品やサービスに満足するだけでなく、その会社の商品やサービスを周囲の人々に紹介してくれるようになるでしょう。

ジラード250の法則は、営業活動において非常に有効な法則です。この法則を効果的に活用することで、新規顧客の獲得や売上アップを実現することができます。

参考URL:


Copyright(C) 2012 心理学用語辞典 - 心の言葉を知るブログ All Rights Reserved.