心理学用語

行為者-観察者バイアス(actor-observer bias)とは、同じ行動をとったとしても、自分自身の行動は状況要因に帰属させ、他人の行動は個人要因に帰属させる傾向のこと。

たとえば、自分が遅刻したとき、電車の遅延や仕事が忙しかったことを理由にしますが、他人が遅刻したとき、その人の性格がだらしない、計画性がないと判断しがちです。

このバイアスは、自分自身と他人を異なる視点から見ているために起こります。自分自身については、自分の内面や思考をよく知っており、状況要因の影響も理解しています。しかし、他人については、自分の内面や思考を知ることができず、状況要因の影響しか理解できません。そのため、他人の行動は、自分自身の行動よりも個人要因に帰属させやすくなるわけです。

このバイアスは、人間関係やビジネスにおいて、問題を引き起こすことがあります。たとえば、自分がミスをしたとき、状況要因に帰属させたために、反省が浅くなり、再発の可能性が高まります。また、他人のミスを個人要因に帰属させたために、その人を批判したり、攻撃したりする可能性もあります。

このバイアスを克服するためには、自分自身と他人を客観的に見る必要があります。自分自身については、自分の内面や思考を客観的に見つめ、状況要因の影響も理解するようにしましょう。また、他人については、その人の内面や思考を推測し、状況要因の影響も考慮するようにしましょう。

このバイアスを克服することで、人間関係やビジネスにおいて、より良い結果を得ることができるでしょう。

以下に、行為者-観察者バイアスの例をいくつか挙げます。

* 自分が遅刻したとき、電車の遅延や仕事が忙しかったことを理由にしますが、他人が遅刻したとき、その人の性格がだらしない、計画性がないと判断しがちです。

* 自分が失敗したとき、状況要因に帰属させますが、他人が失敗したとき、その人の能力不足や努力不足と判断しがちです。

* 自分が怒ったとき、状況が悪いせいだとしますが、他人が怒ったとき、その人の性格が悪いと判断しがちです。

行為者-観察者バイアスは、人間が誰でも持っている自然なバイアスです。しかし、このバイアスを理解し、意識することで、その影響を軽減することができます。

参考URL:


Copyright(C) 2012 心理学用語辞典 - 心の言葉を知るブログ All Rights Reserved.