心理学用語

投影(projection)とは、自分の中に抑圧されている、受け入れがたい感情や欲求を、無意識に他人に投影する心理学的防衛機制の一つです。

例えば、自分が怒っているとき、その怒りを他人にぶつけてしまうことがあります。これは、自分の怒りを認めたくないために、他人に怒っているように見立てているわけです。

投影は、誰もが日常的に行っている無意識の行動です。しかし、投影が頻繁に行われると、人間関係に問題を引き起こす可能性があります。

例えば、自分の嫉妬心を他人に投影すると、他人を敵視したり、攻撃したりするようになります。また、自分の劣等感を他人に投影すると、他人を見下したり、批判したりするようになります。

投影を克服するには、自分の内面を見つめ、自分の中に存在する抑圧された感情や欲求を認めることが大切です。自分の内面を受け入れることで、他人に投影する必要がなくなり、人間関係を改善することができます。

投影は、精神分析の創始者であるフロイトによって提唱されました。フロイトは、投影は、幼児期に母親から愛情を得られなかったために、自分の欲求を抑圧することによって発達すると考えました。

投影は、精神疾患の症状の一つとして現れることもあります。例えば、統合失調症の患者は、自分が他人に監視されている、追跡されている、害を与えようとしているなどの妄想を抱くことがあります。これらの妄想は、患者自身の内面にある欲求や衝動を、他人に投影したものと考えられています。

投影は、誰もが日常的に行っている無意識の行動ですが、頻繁に行われると、人間関係に問題を引き起こす可能性があります。自分の内面を見つめ、自分の中に存在する抑圧された感情や欲求を認めることで、投影を克服することができます。

参考URL:


Copyright(C) 2012 心理学用語辞典 - 心の言葉を知るブログ All Rights Reserved.