心理学用語

寛大化傾向とは、評価者が評価対象者を過度に評価する傾向です。これは、評価者が評価対象者を良く見ようとして、その能力や業績を実際よりも高く評価してしまうものです。寛大化傾向は、人事評価においてよく見られる評価エラーの一つです。

寛大化傾向には、いくつかの原因があります。一つは、評価者が評価対象者を良く見ようとして、その能力や業績を実際よりも高く評価してしまうことです。評価者は、評価対象者を良く見ようとして、その能力や業績を実際よりも高く評価してしまうことがあります。これは、評価者自身が評価対象者に対して好意を持っている場合や、評価対象者を失いたくないと思っている場合などに起こりやすいです。

もう一つの原因は、評価者が評価対象者をよく知らないために、その能力や業績を実際よりも高く評価してしまうことです。評価者が評価対象者をよく知らないために、その能力や業績を実際よりも高く評価してしまうことがあります。これは、評価者が評価対象者を初めて評価する場合や、評価対象者をあまりよく知らない場合に起こりやすいです。

寛大化傾向は、人事評価においていくつかの問題を引き起こします。一つは、評価結果が不公平になることです。寛大化傾向があると、評価対象者によって評価結果が大きく異なってくることがあります。これは、評価対象者の能力や業績が同じでも、評価者によって評価結果が異なることになるためです。

もう一つの問題は、評価対象者のモチベーションが低下することです。寛大化傾向があると、評価対象者は自分の能力や業績が正しく評価されていないと感じてしまうことがあります。これは、評価対象者のモチベーションを低下させ、仕事に対する意欲を失わせてしまう可能性があります。

寛大化傾向を防ぐためには、いくつかの対策があります。一つは、評価者を複数人にして、評価結果を比較することです。複数人による評価を行うことで、寛大化傾向を防ぐことができます。

もう一つの対策は、評価対象者の能力や業績を客観的に評価することです。評価対象者の能力や業績を客観的に評価することで、寛大化傾向を防ぐことができます。

寛大化傾向は、人事評価においてよく見られる評価エラーの一つです。寛大化傾向を防ぐためには、いくつかの対策を講じることが重要です。

参考URL:


Copyright(C) 2012 心理学用語辞典 - 心の言葉を知るブログ All Rights Reserved.