心理学用語

社会情動的選択性理論とは、スタンフォード大学の心理学者であるLaura L. Carstensenによって提唱された理論です。この理論は、加齢に伴って、人は時間の制約をより強く意識するようになり、その結果、情動的に価値のある経験を重視するようになるというものです。

この理論は、多くの研究によって支持されています。例えば、ある研究では、高齢者は若年者と比べて、新しい友人を作るよりも、既存の友人との関係を維持することにより多くの時間をかけることが示されました。また、別の研究では、高齢者は若年者と比べて、ポジティブな感情に関連する情報に注意を向け、ネガティブな感情に関連する情報に注意を払わない傾向があることが示されました。

社会情動的選択性理論は、高齢者の行動や認知を理解する上で重要な理論です。この理論は、高齢者がなぜ新しい経験に挑戦することを避けるのか、また、なぜ既存の友人との関係を維持することに重きを置くのかなどを説明することができます。また、この理論は、高齢者を対象とした介護や教育においても応用することができます。例えば、高齢者を対象とした介護では、高齢者の情動的なニーズを満たすことを重視する必要があります。また、高齢者を対象とした教育では、高齢者がポジティブな感情を経験できるようにするようなプログラムを設計する必要があります。

社会情動的選択性理論は、高齢者の行動や認知を理解する上で重要な理論です。この理論は、高齢者の生活をより豊かにするために応用することができます。

参考URL:


Copyright(C) 2012 心理学用語辞典 - 心の言葉を知るブログ All Rights Reserved.